searchカテゴリー選択
chevron_left

「テレビ」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

特撮ヒーロー トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • ゴンゾウ ☆伝説の刑事☆

    ゴンゾウ ☆伝説の刑事☆

    ダメーな感じがいいじゃない

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 5人

  • 魔王

    魔王

    金曜ドラマ、大野智(嵐)主演の魔王の事ならなんでもTBしてください!

    テーマ投稿数 103件

    参加メンバー 21人

  • シバトラ

    シバトラ

    ドラマ「シバトラ」のことなら何でもTBしていってください!

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 4人

  • 正義の味方

    正義の味方

    ドラマ正義の味方について何でもTBしていってください!

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 3人

  • 報道番組

    報道番組

    報道番組(ほうどうばんぐみ 別名:ニュース番組)は、テレビやラジオの放送局が、ニュース・報道に特化したテレビ番組やラジオ番組の事を指す。放送局が報道機関として取材活動を行っている。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 13人

  • ドキュメンタリー

    ドキュメンタリー

    ドキュメンタリー(documentary)とは、映画フィルムもしくはビデオなどの映像記録媒体で撮影された記録映像作品の事を指す。 記録映像、記録映画とも言われ、テレビ番組として放送する場合もある。文学におけるノンフィクションに相当し、「取材対象に演出を加えることなくありのままに記録された素材映像を編集してまとめた映像作品」と定義される。個別の作品については様々な手法がとられている。一般的にはドキュメンタリーは制作者の意図や主観を含まぬ事実の描写、劇映画 (Drama film) ・ドラマは創作・フィクションであると認識されているが、本質的に差はないと実務者(森など)に指摘されている。

    テーマ投稿数 91件

    参加メンバー 39人

  • モキュメンタリー

    モキュメンタリー

    モキュメンタリー(Mockumentary)は、映画やテレビのジャンルの一つで、架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法である。モック・ドキュメンタリー(Mock Documentary)とも言う。 モキュメンタリーという名前は、「あざけり・滑稽な真似事・名ばかりのもの」という意味の英語「mockery」に由来する造語である。あくまで事実を伝える「ドキュメンタリー」映画として構成していく為、虚構のインタビューやニュース映像、関係者の証言などが織り交ぜられる。 このジャンルの作品は1950年代に現れているが、1980年代に架空のバンド"スパイナル・タップ"を追ったクリストファー・ゲストの作品『スパイナル・タップ』で有名になった。クリストファー・ゲストはその後もモキュメンタリー作品を製作している。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • マスメディアにおける性差別

    マスメディアにおける性差別

    事件や事故を報道番組で取り上げる場合や番組内で人を呼び合う時、男性は苗字で女性は下の名前で読まれたり呼ばれたりすることが多い。 例えば夫婦のどちらかが事件や事故にあった場合、夫は被害者であろうと加害者であろうと苗字で読まれ、妻は下の名前で読まれている。附属池田小事件で犠牲となった唯一の男子児童には苗字で「〜君」と読まれたが、他の女子児童に対しては下の名前で「〜ちゃん」と読まれ(いずれも同級生が卒業を迎えた日を報道番組で取上げた時)、秋葉原通り魔事件についても殊に週刊誌等で男性の犠牲者は苗字で読まれたが、女性の犠牲者は下の名前で読まれた。被疑者の名前を伏せるときに男性は「男」、女性は「女性」と呼ばれることがある。またナレーターやテレビドラマの解説で前述のことが徹底・統一されている番組もある。 俳優の場合、男性は「男性俳優」「男優」、女性は「女性俳優」「女優」と呼ぶのが自然なのにマスメディアにおいては男性が「俳優」、女性は「女優」と言う奇妙な用法が通用している。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • Tomorrow〜陽はまたのぼる〜

    Tomorrow〜陽はまたのぼる〜

    Tomorrow〜陽はまたのぼる〜についてならなんでもTBしてください!

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 4人

  • ダビング10

    ダビング10

    ダビング10(ダビングてん)とは日本のデジタルテレビ放送の著作権保護のためのしくみの1つで、2008年7月4日から地上波デジタル放送、及び衛星デジタルテレビ放送での運用が開始された。総務省の情報通信審議会で提案されたデジタル放送の私的利用に関する運用ルールに対して電子情報技術産業協会(JEITA)が定めた統一呼称である。 新しいデジタルテレビ放送では従来のアナログ方式に比べて画質の劣化が無いために受信者によるデジタルコピーを際限なく許せば映画などのDVD販売等に影響する事が予想されたため、日本ではデジタルテレビ放送の開始時点でかなり厳しいコピー・ワンス規定を採用してきた。テレビ視聴者の利便性を損ねるコピー・ワンス規定を緩める要望が強くあり、テレビ放送や映画産業といった著作権者の権利保護とテレビ視聴者の利便性向上という相反する条件での双方の妥協の結果、9回までのコピーを認めるという選択肢が増えた。ダビング10実施後も、著作権者側が望めばコピー・ワンスによる放送が従来通り行なわれている。 ニュースでも時折「10回ダビングが出来るダビング10が開始されました」と紹介されているが正しくはコピー、つまりダビングは9回まででありオリジナルと合わせて最大で10個の番組データが手元に持てるということである。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る

続きを見る