テレビドラマ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/24 22:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
tarotaro(たろたろ)さん

2位
oliveさん
  • 情報提供早坂さんヒロイン誕生♪〜「東京タラレバ娘」最終回感想〜 oliveのドラマ帳〜風に吹かれて〜oliveさんのプロフィール
  • 本能的に、このドラマのヒロインは早坂さん(鈴木亮平) 気が利いて、優しくて、仕事の理解もあり、それでいて行動力もある理想的な男性。 本能で!あたしゃ、早坂さんを選ぶのだが、倫子(吉高由里子)の場合は、本能で歯切れの悪く、他人に答えを委ねる金髪男(坂口健太郎)を選ぶのか? ざわざわする倫子の女心より、気づきつつも、幸せを逃がしたくなから、好きな人に笑顔を向ける早坂さんの方が切ない ド

3位
tarotaro(たろたろ)さん
4位 taaさん
  • 情報提供「べっぴんさん」第143回〜みんなで引退、そして明美さん家を建てる?の巻 日々のダダ漏れtaaさんのプロフィール
  • 「べっぴんさん」 第143回第25週 「時の魔法」みんなで引退、そして明美さん家を建てる?の巻勝二) 皆さん、ほんまに、ご苦労さまでした。   まずは、内々に、慰労しましょう。乾杯!一同) 乾杯!紀夫) 坂東すみれ、小澤良子、村田君枝、小野   明美、そして、私坂東紀夫は、今期をもって、   退職しようと思っています。そう決意する事   ができたのも、みんながいるからです。私達   が、退いたあとの
5位 oliveさん
  • 情報提供「べっぴんさん」143話ちょこっと感想。 oliveのドラマ帳〜風に吹かれて〜oliveさんのプロフィール
  • 次のステージへの巻。 あら、本当にキアリス重役たちが揃って辞めることにしたみたい 社員の前で正式に発表する紀夫。その場で、次期社長も発表。 社長は健ちゃんじゃなくて、タケちゃんでした。キアリス生え抜きなタケちゃんだもの。キアリスで育ち、キアリスで成長してきたタケちゃん。 お人好しの印象強しのタケちゃんのサポートは中西くんかしら?あら、こっちも心配 やっぱ!キアリス大丈夫??と思
6位 くうさん
  • 情報提供NHK朝ドラ【べっぴんさん】第143回(第25週木曜日) 感想 ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
  • すみれ(芳根京子)、紀夫(永山絢斗)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、若手社員たちを前に正式に引退することを発表する。次期社長に任命されたのは…。一方、「男のための着こなし講座」をきっかけに、取材や講演の依頼が来るようになっていた栄輔(松下優也)は、すみれたちが引退することを知り、明美に長年抱えていた想いを告白する。すると明美から思いもよらぬ提案が飛び出し…(上記あらすじは
7位 tarotaro(たろたろ)さん
  • 情報提供『べっぴんさん』 第144回 感想〜星野真里が図々しい。 tarotaro(たろたろ)の気になることtarotaro(たろたろ)さんのプロフィール
  • NHK連続テレビ小説 『べっぴんさん』 第144回 【第24週】「時の魔法」キアリスを引退したものの、時間をもてあまし気味なすみれ(芳根京子)たち。そんな時、28年前に店の看板代わりに作ったワンピースと成長した美幸(星野真里)に再会し…にほんブログ村広告[あらすじ] キアリスを引退したものの、やることがみつからず時間をもてあまし気味なすみれ(芳根京子)たち。そんな時一人の女性が幼い子供を連れて、キアリス本社を
8位 みっきーさん
  • 情報提供べっぴんさん (第143回・3/23) 感想 ディレクターの目線blogみっきーさんのプロフィール
  • NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式)第25週『時の魔法』『第143回』の感想。なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。※ 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷
9位 みっきーさん
  • 情報提供東京タラレバ娘 (第10話/最終回10分拡大版・2017/3/22) 感想 ディレクターの目線blogみっきーさんのプロフィール
  • 日本テレビ系・水曜ドラマ『東京タラレバ娘』(公式)第10話/最終回10分拡大版『ついに最終回!!もがき続けた三人娘の幸せの行方!!』の感想。なお、原作:東村アキコ氏の漫画『東京タラレバ娘』は未読。ひょんなことから早坂(鈴木亮平)にうそをつき、気がとがめる倫子(吉高由里子)。ある日、倫子、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の元に同級生から結婚式の招待状が届き、3人は第3次結婚ラッシュが始まったと落ち込む。一方、
10位 oliveさん
  • 情報提供「べっぴんさん」144話ちょこっと感想。 oliveのドラマ帳〜風に吹かれて〜oliveさんのプロフィール
  • クローバーに込められた思いの巻。 最終月(3月)に入ってから、ずっーーーと原点に戻ろうよ話をやっているように思われる。 今回は、その集大成かな?キアリスの原点でもあるワンピの女の子が登場。 長い長い伏線の回収で、視聴者にも、あっ!あの時の子ね♪懐かしく思い起こせ、ほっこりするエピだったのに、先週終わりに予告で見せてしまったのが残念 ほっこりも半減させられたのは自分だけだろうか?&nbs
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 taaさん
  • 情報提供「べっぴんさん」第144回〜私にとっては魔法のワンピースです・・・の巻 日々のダダ漏れtaaさんのプロフィール
  • 「べっぴんさん」 第144回第25週 「時の魔法」私にとっては魔法のワンピースです・・・の巻足立) 社長かぁ…。(回想)紀夫) 今期をもって、   退職しようと思っています。   足立武君。   君が社長です。頼んだぞ。足立) ♪あ〜あきらめた恋だから   なおさら逢いたい逢いたい…(健太郎に気が付く武)足立) いつからおったんじゃ?健太郎) ずっとです。見てましたよ。    今日から、社長室付、 
12位 Leeさん
  • 情報提供火曜ドラマ カルテット  第10話(最終回)  *感想* Lee's DiaryLeeさんのプロフィール
  • 番組HP真紀(松たか子)が出頭してから、色んなことがあったのねぇ。それも、かなり深刻な出来事に巻き込まれていたのねぇ。サラサラサラ〜っと描かれるカルテットの面々の過酷な状況にビビる。最終回でも、重たくって刺激的なもんを、しっかり盛り込んでくるねぇ。あのサラッと具合がさ、、彼らの状況の深刻さをより感じさせる気がしたわ。あのサラッと加減にさ、、彼らが深刻な状況を凌いで生きてきたことを感じたわ。ホールでの
13位 ひじゅにさん
14位 taaさん
15位 くうさん
  • 情報提供NHK朝ドラ【べっぴんさん】第144回(第25週金曜日) 感想 ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
  • キアリスを引退したものの、やることがみつからず時間をもてあまし気味なすみれ(芳根京子)たち。そんな時一人の女性が幼い子供を連れて、キアリス本社を訪ねてくる。すみれたちの元にやってきたその女性が、持参した風呂敷を広げると、中から現れたのは28年前に店の看板代わりに作ったワンピースだった。美幸(星野真里)との再会をきっかけに、すみれたちは第二の人生でやるべきことを見いだしていく。(上記あらすじは「Yahoo!
16位 ふぶきさん
  • 情報提供まるで別人のような愛子内親王の御卒業 ふぶきの部屋ふぶきさんのプロフィール
  • 確かに中学ご卒業はめでたい。愛子内親王殿下、おめでとうございます。出席日数が足りなくても試験を受けなくても痩せすぎてもご卒業できた事は素晴らしい事です。そして高等科も進学が決定し、まさに「我が世の春」のような皇太子夫妻。でも・・・まるで別人のような愛子内親王。声も変わった?あんなに頭がはっきりしているなんて、薬は偉大だとしかいいようが。まさに「偏差値75以上東大入学も夢じゃない」愛子様ですわ。この
17位 Leeさん
  • 情報提供視覚探偵 日暮旅人  第9話(最終回)  *感想* Lee's DiaryLeeさんのプロフィール
  • 素敵な最終回だったなぁ。このドラマの個性を強く感じさせるクライマックスシーンが素晴らしい。旅人(松坂桃李)とリッチー(北村有起哉)の対決を、ロストの力によって見える感情で魅せていたのが良かったわ。様々に変化する旅人の感情の模様がいいねぇ。旅人を呑みこもうとする強烈な怒りや憎しみが、陽子(多部未華子)や灯衣(住田萌乃)らの愛情で少しずつ変化していく様は感動的。このドラマらしさが感じられてとても良かっ
18位 みっきーさん
  • 情報提供べっぴんさん (第144回・3/24) 感想 ディレクターの目線blogみっきーさんのプロフィール
  • NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式)第25週『時の魔法』『第144回』の感想。なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。※ 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷
19位 ふぶきさん
  • 情報提供FNS春のうた祭にがっかり ふぶきの部屋ふぶきさんのプロフィール
  • 録画してました。宝塚でるし。でも、春にちなんだ曲をだだだーーっと集めただけの・・・いい加減なものでした。年齢層が若い人でも中高年でもいいように?百恵さんだの南沙織まで出して?いやはやエンターテイメント性があったかどうか。そして月組の人達は番組の最後に登場。「すみれの花さく頃」は録画として、珠城りょう、美弥るりか、愛希れいかは木曜日も舞台があるのに11時すぎまでスタジオに?なんでこんなバカなお仕事を
20位 りんりんさん
  • 情報提供カルテット最終回を見て 辛口評価 お気に入りドラマりんりんさんのプロフィール
  • カルテットがとうとう最終回を迎えてしまいました。あの四人とお別れかと思うと、寂しくて淋しくて・・・。カルテットロスは、逃げ恥ロスより重症な気がします。ただし、最終回を見て思ったのは少しの不満が・・。これって消化試合なんじゃないの? って想いでした。だって伏線の何一つ回収されなかったんですから。そう思うのもむりないんぢゃないでしょうか?・真紀さんの事件の真相・4人の恋の行方・アリスちゃんが運転する車
21位 ちゃめさん
  • 情報提供【「カルテット」最終回 死と乙女】 ドラマレビューBlog byちゃめちゃめさんのプロフィール
  •     いったい、どんな最終回になるのかとドキドキしながら、見た。最終回とは思えないほどのそこは、ゆったりとした、「空間」だった。1年という月日はマキじゃないけど、マキを確実に、白髪にし、手荒れさせてた。執行猶予がつき、戻ってはいたけれど軽井沢には、いなかったマキ。週刊誌に顔出しで載るようになってしまったマキは犯罪者のバイオリンなど、誰も聞いてくれないだろうと思うからだ。でも、3人は諦めなかった。
22位 かんそう丸さん
  • 情報提供『カルテット』最終回でも未だ残る謎や噂と最高に深い脚本に感謝 ドラマや映画の感想を本音で執筆中かんそう丸さんのプロフィール
  • 『カルテット』8話・9話・最終回をリピ見してのネタバレ感想と私の考察“死と乙女”を選曲したマキさんに対して、いろんな説が出ていますよね。私の見解は一般的に定説とされているものとは違っています。白黒はっきりさせないこのグレーな感じの最終回には賛否両論ありますが、私はアリでした。日本で数少ないオリジナルストーリーが書ける坂元祐二さんの脚本はさすがでした。やっぱり期待通り素晴らしかったです。『Mother』『最
23位 テレビっ子さん
  • 情報提供東京タラレバ娘の最終回の平均視聴率は% ドラマ視聴率速報テレビっ子さんのプロフィール
  • 3月22日に放送された吉高由里子主演の日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』の最終回の平均視聴率は%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)を記録した。このドラマは、売れない脚本家である30歳の独身女性・鎌田倫子(吉高)と、同世代の親友・山川香(榮倉)、鳥居小雪(大島)が、恋に仕事に奮闘する姿を描く。出演者は吉高由里子、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、平岡祐太、石川恋、田中圭、鈴木亮平 他。原作は東村アキコ。脚本は松
24位 ショコラさん
25位 CYPRESSさん
  • 情報提供『東京タラレバ娘』その10 不自然CYPRESSさんのプロフィール
  • 最終話1:予想通り変になった(溜息)。無理やり話を伸ばした(溜息)。続編か映画を作る気だな(溜息)。★まとめ1:第八話までは、悪くなかった。タグ 大島優子 榮倉奈々 吉高由里子 坂口健太郎 鈴木亮平 速水もこみち 平岡祐太 田中圭 金田明夫★お気に召しましたら、以下の全てのボタンの をお願いします。↓にほんブログ村ドラマ ブログランキングへ人気ブログランキングへ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 シエスタおじさんさん
  • 情報提供東京タラレバ娘・最終回感想とネタバレ。日本中が早坂に同情した夜。 世の中の出来事ナナメ読みシエスタおじさんさんのプロフィール
  • 倫子の決断に、日本中の独身男子の溜息が漏れた日テレドラマ「東京タラレバ娘」の最終回。結局は、ツンデレなイケメンモデルと、女好きロックスターの恋はそれぞれ成就し、誰よりも真面目で誠実だけど地味だという男・早坂だけが涙するという結末。実に切ない別れのシーンでありました。それにしても倫子モテモテ。オンナ30、心も身体もカラカラに乾いていると、確か初回で言っていたような(?)。でも、KEYはもちろんのこと、も
27位 ひじゅにさん
28位 くうさん
  • 情報提供NHK朝ドラ【べっぴんさん】第142回(第25週水曜日) 感想 ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
  • ワンダーランドの件を通し、すみれ(芳根京子)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、自分たちの想いが健太郎(古川雄輝)、さくら(井頭愛海)ら次世代のキアリス社員たちに受け継がれていることを確信し、キアリスを引退しようと考える。紀夫(永山絢斗)もまた同じ思いを抱いており、社長を引退することを決意する。雪の降る夜、夫婦がこれまでの自分たちの人生をゆっくりと振り返る。(上記あらすじは「Y
29位 ひじゅにさん
30位 テツガくんさん
  • 情報提供べっぴんさん 第143回 テレビがママ!映画がパパ!〜テレビと映画の感想日記テツガくんさんのプロフィール
  • 社長をはじめとして、役員がいっぺんに5人も退任するというキアリスです。― この会社、ヤバいんじゃないかと誰しもが思った事でしょう。どうやら、銀行からも融資を断られたばかりのようです。弱味を突かれて、大手商社に乗っ取られそうにもなったとか。高度成長期にはウハウハ儲けて、つい最近まで銀座に店を出すんだなどという威勢のイイ事を言ってたのに…。ちょっと会社が傾いた途端に、トップが揃って逃げ出しちゃおうという
31位 あらやまはじめさん
32位 ショコラさん
33位 kanataさん
  • 情報提供「東京タラレバ娘」最終回 感想 kanataのお部屋へようこそkanataさんのプロフィール
  •  KEYを家に連れて帰り、早坂にはお腹が痛くなったと嘘をつく倫子。 しかし一緒に暮らす部屋を探し始めます。 居酒屋で倫子たちが集まっていると、早坂とKEYがやって来ます。 あの日の朝、KEYが倫子の住むマンションから出てくるのを目撃されていました。 早坂は本当はどうなのかと尋ねます。 正直に話す倫子。
34位 もくずさん
  • 情報提供カルテット 最終回 感想 LikeSugarもくずさんのプロフィール
  • なんかとっても爽やかに終わって気持ちの良いラストでした。駄目な大人なままのカッコ良さだの強かさが画面から滲みでていたしリアリティ薄い結論もこの童話のような寓話のような世界観だからこそとてもしっくりとマッチしている。まるで軌道修正されたかのような、一貫性ある終幕に、こちらの方が一冬の恋をしたような気分にさせられました。確かに詰めの甘い部分や雑な部分は最終回でも目に付きましたがそれでもこの世界観を崩さ
35位 テレ助さん
  • 情報提供カルテット(ドラマ)《最終回》視聴率・あらすじ感想【グレーな結末?】 テレビッ子なオッサンテレ助さんのプロフィール
  • あらすじ真紀(松たか子)はカルテットのメンバーの元へは戻らず、一人で仕事を始めていた。その真紀の帰りを待ちながら別荘で音楽を続ける司(松田龍平)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)の3人はどこか落ち着かない日々を過ごす。そんなある日、司たち3人は、取材に来た記者から写真を見せられる。そこには、見知らぬ男性と歩く現在の真紀が写っていた。笑顔の写真を見た司たちは動揺するが、もう一度、真紀に会いに行く
36位 ろんぐさん
  • 情報提供「東京タラレバ娘」第10話最終回感想 感想亭備忘録ろんぐさんのプロフィール
  • うーん。書けない。なんの感想も出てこない。かれこれ40分ほど唸っていますが、何も思いつかない。「普通」でした。結婚原理主義というか結婚至上主義というか結婚さえすれば勝利!それ以外は負け犬!とでも言うかのような過激なまでの結婚信仰が特徴というか、特色だったのにそれが自分や周囲からの呪縛でした。呪縛は解けました、という最終回。 普通だ。倫子からのひどい仕打ちに耐えるヒロイン早坂は可哀想だったけど。&n
37位 ふぶきさん
  • 情報提供籠池劇場と呼ぶべきか ふぶきの部屋ふぶきさんのプロフィール
  • なんとなく午前中、職場でテレビを見ていたら籠池さんの証人喚問が始まり・・・みんな「すごい度胸だよなあ」とほめているのかけなしているのかわからない反応。北朝鮮からミサイルが発射され(失敗したけど)イギリスではテロが起きているっていうのに、日本では籠池氏の問題が延々と取り上げられ、彼も得意、夫人も得意。なんだか平和な世の中だなあと思ってしまいました。今回ばかりは昭恵夫人、まずいでしょ。愚かすぎて・・・
38位 oliveさん
39位 Oさん
  • 情報提供17冬ドラマ最終ランキング モニタカルチャー研究所Oさんのプロフィール
  • ↓初回ランキングはこちら17冬ドラマ初回ランキング↓中間ランキングはこちら17冬ドラマ中間ランキング ランキング対象6作品の他にも中間時点で『山田孝之のカンヌ映画祭』、『バイプレイヤーズ』、『レンタルの恋』、『ホクサイと飯さえあれば』、『住住』、『真昼の悪魔』の深夜ドラマ6本、『大貧乏』、『スーパーサラリーマン左江内氏』のプライムタイムドラマ2本、対象外の『精霊の守り人』シーズンIIを加えた計15作品を視
40位 Leeさん
  • 情報提供A LIFE〜愛しき人〜  第10話(最終回)  *感想* Lee's DiaryLeeさんのプロフィール
  • 番組HP沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)のオペのシーンが印象的。医学的なコトはさっぱり分かんないけど、なんか物凄〜く難しいコトを、物凄〜く神経使って、物凄〜く頑張ってたというのは分かったわ。壮大の沖田への指示がさ、、なんか、とっても出来るオトコっぽくてねぇ、、それが良かったわ。ほら、壮大って、ずっと変だったからさ、、沖田に対する複雑な感情抱えすぎて、妙なコトになっちゃってたからさ、、なんか、見直し
41位 manaさん
  • 情報提供『SING』 どっちにする♪ 美容師は見た…manaさんのプロフィール
  • 字幕と吹き替えを比べて見ると、カエルの下りも違ってて面白い!こっちは「ナニサマガエル」なのにさ〜(  ゚∀゚)姪っ子と娘の3人で鑑賞。迷わず吹き替えにしたんですけど、声優キャストの予習足らずに…もう一度観たい!英語ver.を想像させられる歌のシーン…そっちも観たい!?バスター・ムーン /内村光良(ウッチャンナンチャン) こんなに主役だとは思ってませんでした(笑) 違和感ない声優のお仕事も見事! コアラボ〜(゚∀゚ノ
42位 一未さん
  • 情報提供カルテット 最終回「オトナは秘密を守る」カルテットに隠された秘密はあるのか? 一未のブログ一未さんのプロフィール
  • TBS火曜ドラマ「カルテット」最終話 「カルテット」とうとう終わりましたね。松たか子演ずる真紀さんは、やまだあきことういのが本名であるけれど、最後まで真紀さんでした。ラストにはドラクエの曲の演奏もあり、本当隅々にまで心配りのある脚本。唐揚げのパセリやレモン。アポロのチョコ。など、何気ないようなところにも目がいきます。 Doughnuts Holeが歌う「おとなの掟」は椎名林檎の作詞作曲。「オトナは秘密を守る」
43位 みっきーさん
  • 情報提供東京タラレバ娘 (第10話/最終回10分拡大版・2017/3/22) 感想 ディレクターの目線blog@FC2みっきーさんのプロフィール
  • 日本テレビ系・水曜ドラマ『東京タラレバ娘』(公式)第10話/最終回10分拡大版『ついに最終回!!もがき続けた三人娘の幸せの行方!!』の感想。なお、原作:東村アキコ氏の漫画『東京タラレバ娘』は未読。ひょんなことから早坂(鈴木亮平)にうそをつき、気がとがめる倫子(吉高由里子)。ある日、倫子、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の元に同級生から結婚式の招待状が届き、3人は第3次結婚ラッシュが始まったと落ち込む。一方、
44位 テツガくんさん
  • 情報提供べっぴんさん 第144回 テレビがママ!映画がパパ!〜テレビと映画の感想日記テツガくんさんのプロフィール
  • キアリスの社長室に、突然知らない女の子が入って来ました。「ダメやない!勝手に…。すみません」などと言いながら、あとから慌てて母親がやってきてましたが…。― コレ絶対、母親に言われて来たと誰もが思った事でしょう!うまく社長室に潜り込んだ母親が、その昔キアリスがあった場所に連れて行ってくれと頼んできたようなのです。“美幸”と名乗るその女は、実は自分はかつてそこでワンピースを恵んでもらった者だというので
45位 テツガくんさん
  • 情報提供べっぴんさん 第142回 テレビがママ!映画がパパ!〜テレビと映画の感想日記テツガくんさんのプロフィール
  • >こんなふうに、>勝二さんが作ったお料理を食べる日が来るなんて…。などと言いながら、勝二さん(田中要次)の作ったピラフをほとんど口に運ぼうとしていなかったという良子ちゃん(百田夏菜子)です。― やはり、不味くてとても食えたもんじゃないからでしょうか?勝二さんも、良子ちゃんの分だけ皿に盛って、自分は涼しい顔してコーヒーなんか飲んでおりました。そーいえば、なんだかいつにも増して脂ぎって見えるような気も
46位 テレビっ子さん
  • 情報提供相棒 season15の最終回の平均視聴率は16.2% ドラマ視聴率速報テレビっ子さんのプロフィール
  • 3月22日に放送された水谷豊主演のテレビ朝日系連続ドラマ『相棒 season15』の最終回2時間スペシャルの平均視聴率は16.2%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)を記録した。このドラマは、優秀なキャリアでありながら、ある事件の影響で出世コースから外れ、警視庁内の窓際部署「特命係」に追いやられた警部杉下右京(水谷豊)を中心にした刑事ドラマ。出演者は水谷豊、反町隆史 仲間由紀恵、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、山西惇、浅利
47位 シエスタおじさんさん
  • 情報提供べっぴんさん3月23日感想。武ちゃん社長で栄輔&明美に祝福の嵐。 世の中の出来事ナナメ読みシエスタおじさんさんのプロフィール
  • この緩急の差は一体なんなんでしょう(笑)。昨日一昨日の回は、まったりのんびりで4組の夫婦の会話をじっくりやっていたかと思えば、今日のような役員全員引退、武ちゃん社長就任、そして明美ちゃんと栄輔が一緒に住むという大きなネタを一気に流してしまう大胆さ。今までの朝ドラとは一味も二味の違うこの展開力に、朝から眩暈を覚える3月23日の朝でございます。まずは、武ちゃん。苦節ウン十年で社長の席までたどり着いて本当に
48位 hana1817さん
49位 かものはしさん
  • 情報提供カルテット 平凡な日々の呟きかものはしさんのプロフィール
  •   #10   ・坂元さんの脚本は最後の最後でこれっ??ですか そうですか…    という感じがいつも残るので用心(?)はしていた でも    でもとにかく4人がそろったのでよかった これ以上はない!!!   ・真紀さんの罪がどのくらいになるのか分からなかったけど    公正証書原本不実記載の罪よりもはるかに大きくなっていた義父の死    そして「疑惑の美人バイオリニスト」として週刊誌を賑わせる 
50位 tarotaro(たろたろ)さん
更新時刻:17/03/24 22:30現在