searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

〜洋楽・洋画・洋ドラ〜 THEME

help
〜洋楽・洋画・洋ドラ〜
テーマ名
〜洋楽・洋画・洋ドラ〜
テーマの詳細
同じ趣味の皆様と語り合いたく作ったコミュです。 洋が絡んでいれば、愛さえあれば何でもOKです!! コメントおまちしてます!更新したものは紹介して下さい! 素晴らしい洋を世界に広めていきましょーーう!!
テーマ投稿数
126件
参加メンバー
11人
管理人
うずら管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「〜洋楽・洋画・洋ドラ〜」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「〜洋楽・洋画・洋ドラ〜 テレビブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

〜洋楽・洋画・洋ドラ〜の記事

1件〜50件

  • モロン(宇宙から来た馬鹿)
    2020/06/06 11:47
    モロン(宇宙から来た馬鹿)

     抱腹絶倒、腹を抱えて笑える映画。 チープなんだろうがぜんぜんそんな感じがしない。笑えるイギリスジョークが詰まっていてアクも強くない。 とにかくキュートでもある。 これを観たのは知り合ったばかりの子とのデートでだった。 運よくこんな映画があると聞きつ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 大逆転
    2020/06/05 20:55
    大逆転

     エディ・マーフィーの最初の出世作だった気がする。 乞食と王子の現代版、日本流なら殿様の身代わりみたいな話だ。  どの役者も輝いていて、素晴らしいものがあった。 単純な話ではあるがエディ・マーフィーがよく使われたと思う。 トミー・カーチスの娘が役者をやっ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 【速報!無料配信中!】カサンドラ・クロス
    2020/06/04 22:32
    【速報!無料配信中!】カサンドラ・クロス

     ヒャッホッウ!無料配信中!ww 以前も取り上げたことのある「カサンドラ・クロス」だが、ちょうどGyaoに上がっていたのを発見したのでご紹介したい。 Gyao!はヤフーの提供する動画サービス。 ヤフーの会員なら無料で見れる。ここ。 昨日、人知れずカサンドラ・クロスが

    capricornone

    シネマ総覧

  • 青い体験
    2020/06/02 12:58
    青い体験

     日本ではこの手のジャンルの映画はほとんど未公開だったという。 調べると山ほどこの手の童貞モノ、筆下ろしモノのジャンルには作品が多い。 だからこの作品まで日本未公開がほとんどだったというのは、信じがたいものがある。 それほどこの映画の印象が強かったという

    capricornone

    シネマ総覧

  • 殺しのドレス
    2020/06/01 14:08
    殺しのドレス

     先日のボディ・ダブルが封切りになった頃か、その少し後に出た映画だ。  ボディ・ダブルにしてもこの殺しのドレスにしても「セクシーもの」と言ったら言いすぎだが、ちょっとしたエロチックさを隠した特徴とヒッチコックを意識している点で共通点がある。 この作品も同

    capricornone

    シネマ総覧

  • ボディ・ダブル
    2020/05/31 15:03
    ボディ・ダブル

     タイトルには替え玉という意味がある。 ヒッチコックに影響を受けたような映画、プロットもヒッチコックから借りてきたようだ。 悪くはなかった。そして少しエロチック。 なにより素晴らしかったのはフランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッドの曲とのシンクロした映像だっ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ランボー
    2020/05/30 14:24
    ランボー

     どうしてもロッキーは候補に出せない自分がいるが、ランボーに関しては悪い印象はない。 邦題はランボーなのだが、アメリカで公開された時はファースト・ブラッドという名前で公開された。  フラッシュバックのように悪夢がよみがえり、ベトナムで流れた最初の血が騒ぐ

    capricornone

    シネマ総覧

  • エマニエル夫人
    2020/05/29 13:09
    エマニエル夫人

     当時、センセーショナルなエロチック映画だという話が伝わり、それがポルノ映画館ではなくロードショーされるというので子供たちの知るところともなり、みんなが騒いだという記憶がある。 中にはどういうわけか「見に行った」なんていう女子もいて、それが「別にいやらし

    capricornone

    シネマ総覧

  • 未来世紀ブラジル
    2020/05/28 09:36
    未来世紀ブラジル

     暗く絶望的な未来を描いた作品。 それがどうして「ブラジル」という題名かというと、ナチズムに染まりやすいものがあると欧米は感じていたからなのだと思う。 大衆は流されやすく熱狂しやすい。どのような思想であれ主流となれば通ってしまう。  そしてそれを証明する

    capricornone

    シネマ総覧

  • ジェイコブズ・ラダー
    2020/05/27 09:59
    ジェイコブズ・ラダー

     ベトナム戦争。 負傷したジェイコブはアメリカに帰還する。 悪夢に悩まされるようになったジェイコブは戦場での出来事を思い出す。何かがあった。 戦地の混乱した記憶を引きずり現実の世界で自分を維持しようとするジェイコブ。 奇妙な集団につきまとわれるジェイコブ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ジョーズ
    2020/05/26 14:32
    ジョーズ

     ロイシャイダーが熱い男を演じたパニックモノ。監督はスピルバーグだった。 音楽が素晴らしく金字塔となった。  巨大なサメがやってきて人の味を覚え襲うようになった。 ビーチの封鎖か、経済優先か、今のコロナ騒ぎを髣髴とさせるような議論のシーンがある。 奇妙な

    capricornone

    シネマ総覧

  • サイコ
    2020/05/25 16:47
    サイコ

     ヒッチコックの作品の中では最も成功した作品ではないか。 秀逸なミステリーでありホラーでもあった。 「ベイツ・モーテル」と言ったらすぐに分かるぐらいだ。 続編も作られるだけのものがあった。想像が膨らむクリエティブな作品だったのだと思う。 最近はアメリカで

    capricornone

    シネマ総覧

  • 暗くなるまで待って
    2020/05/24 12:33
    暗くなるまで待って

     オードリー・ヘプバーンはそのチャーミングさで世界を魅了した。 どの作品も切ないほどのひたむきさがあり、それが魅力となっている。 品がよく、毅然とした強さもあり、ファッションリーダーでもあった。 今の女優や女性ミージシャンたちみながあこがれる女性でもある

    capricornone

    シネマ総覧

  • 死刑台のエレベーター
    2020/05/23 13:16
    死刑台のエレベーター

      フレンチ映画ときたら「死刑台のエレベーター」がまっさきに思いつくぐらい。 昔ある時、バスに乗って生粋のフレンチばかりと一緒になったことがある。 パリからアビニヨン行きのバスだったかと思う。 それでいわゆるトイレ休憩の時に、途中のショッピングセンターか

    capricornone

    シネマ総覧

  • OK牧場の決闘
    2020/05/22 17:12
    OK牧場の決闘

     子供の頃、図書館でOK牧場の決闘を借りて、夢中で読んだ。子供向きの簡単なものだった。 ワイアットアープ、ドクホリデイ、個性というものに初めて触れた気がした。 正義というものの香りを嗅いだ。 同じタイトルの映画を観て、読んだ本より鮮明なことに驚いた。細かな

    capricornone

    シネマ総覧

  • 針の眼
    2020/05/21 17:27
    針の眼

     恋愛サスペンスというジャンル。 郵便配達人は二度ベルを鳴らすに雰囲気が似ている。 あれにスパイや戦争という要素をからめたと言ったら短絡的すぎるだろうか。 これより昔、男は主義主張を優先し、大儀のために生きた。 女は二の次だった。 男が女ごときに悩むこと

    capricornone

    シネマ総覧

  • 羊たちの沈黙
    2020/05/20 12:47
    羊たちの沈黙

     原作の素晴らしさとは少し違う出来とはなったが、この手のクリミナルものの先鞭をつけたという意味ではもっと評価されていいと思う。 犯罪が起きてその謎を解決する、それだけがドラマではない。 起きた犯罪を中心に様々な出来事が取り巻いて事象が変わる。新たなドラマ

    capricornone

    シネマ総覧

  • モンティパイソン・ホーリー・グレイル
    2020/05/19 15:27
    モンティパイソン・ホーリー・グレイル

      イギリスのお笑い集団、モンティパイソンは世界を席巻した。 アメリカにも渡り、ブリティシュ・コメディというものを世界中に知らしめた。 この映画はその中でも最も評価が高い(独断)映画だ。  内容についてあれこれ言うこともない。あまりに金字塔だ。 だから思

    capricornone

    シネマ総覧

  • ディ
    2020/05/18 13:11
    ディ

    君はおかしくなっているんださあ、帰ろう頼む、後生だから俺と一緒にクニへ帰ってくれまだ一発ある。  

    capricornone

    シネマ総覧

  • ダンス・ウイズ・ウルブス
    2020/05/17 16:26
    ダンス・ウイズ・ウルブス

     異なる種族や社会と和解し、共存しようとする。 それが一人だったなら、その社会に溶け込むということになる。 彼らに違った世界から来た自分を受け入れさせ、認めさせねばならない。 そういうことができる人間は稀だ。 たいていの人間は群れを作り、頑ななその社会の

    capricornone

    シネマ総覧

  • ミッドナイト・ラン
    2020/05/16 09:40
    ミッドナイト・ラン

     「ロードロービー」というジャンルの中にも色々な切り口があって、移動しながらそこでぶつかる様々な事象や出来事に対応してゆくタイプもあるが、「どうゴールに辿り着くか」という双六的な展開を見せるものもある。 前者は各地の特色を反映した部分があり、謎解きや問題

    capricornone

    シネマ総覧

  • ローマの休日
    2020/05/15 12:19
    ローマの休日

     それはそれはキュートで切なくて、可愛らしい恋愛映画だ。 ローマの町並みはまだ人が少なく、コロッセウムは元気な姿を見せていた。 驚くような新鮮さがある。 映画は今よりもずっと昔のこと。 だから少女マンガのようなストーリーが許された。今だったらたちまち馬鹿

    capricornone

    シネマ総覧

  • 蜘蛛女のキス
    2020/05/14 17:35
    蜘蛛女のキス

     独裁政権の圧政下で拘禁された活動家とオカマの出逢いと友情の物語。 ロマンチックで悲劇的な物語だ。 ゲイだろうがオカマだろうが、ロマンスというのは常に起こりえる。 人間は人間を相手にするから感情を動かす。 この映画の頃はまだ今のようなLGBTなどという話もな

    capricornone

    シネマ総覧

  • ポセイドン・アドベンチャー
    2020/05/13 18:48
    ポセイドン・アドベンチャー

     転覆した船から脱出するパニックもの。 この当時は飛行機事故などもよく映画の題材になった。 それだけ実際の悲惨な事故が少なかったと考えられる。 また映画に金をかけるところも今とは違った。 大規模なセットや仕掛けにカネがかけられたから、パニックモノはこの頃

    capricornone

    シネマ総覧

  • ア・フュー・グッドメン
    2020/05/12 17:06
    ア・フュー・グッドメン

     シャイニングで怪演し、演技の幅の広さ、その存在を知らしめたジャックニコルソンが強烈だ。 キューブリックも凄かったが、ニコルソンもよくあの美学に合わせた。すっかり原作は分からなくなってしまったけれども(笑)。 今は公式に引退を表明しておりスクリーンに戻っ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ジュラシック・パーク
    2020/05/11 13:46
    ジュラシック・パーク

     この映画のラストは涙が出たことを覚えている。 自分でも理解できない感情を沸いてきて何度も繰り返して見て、そした泣いた。 ティラノザウルスが施設に押し入った他の凶暴な連中を餌食にし、雄たけびを上げるのだ。 それはまるで勝利の凱歌のように描写され、やりすぎ

    capricornone

    シネマ総覧

  • シャイニング
    2020/05/10 15:31
    シャイニング

     シャイン、「輝く」という名前で、本来ならシックスセンス的な内容が中心だが、 映画自体は印象的な雪のシーン、レドラム、 ジャックニコルソンの怪演、と、すっかりお株を奪われてしまった感じ 他にタイプライターで同じことを繰り返し打ちながら、違うものを打ってい

    capricornone

    シネマ総覧

  • 2001年宇宙の旅
    2020/05/07 20:20
    2001年宇宙の旅

     IBMのアルファベットをひとつ前に戻すとHALとなる。 本作で主人公となる宇宙船を制御するコンピューターの愛称の由来。  あまりにも有名な話だと思うがなにしろ昭和の話。風化してしまったかもしれない。 忘れられてしまわぬよう、書いておく。 もはや2001年は過去に

    capricornone

    シネマ総覧

  • 卒業
    2020/05/05 18:04
    卒業

     今思えば異色の恋愛モノと言える。 ダスティン・ホフマンは年上の女性に誘惑される。それが恋愛に絡むからだ。 よく純愛モノという言い方のジャンルがあるが、これはそれではない。 ただラストシーンがあまりに有名で、ああいう終わり方、結ばれ方をしたいと誰もが思っ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ナインハーフ
    2020/05/04 11:04
    ナインハーフ

     そのエロチックな描写が物議をかもした映画。 ストレートすぎる表現、ポルノとみまごうような描写は大いに問題になった。 しかし今の時代、ネットの時代になるとこの手のものなんて腐るほどある。 笑われてしまう、なんて思うが、それはあくまで日本の感覚。 アメリカ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ダーティーハリー
    2020/05/01 14:57
    ダーティーハリー

     今日は何の日でしょうか? 勝手に決めてしまいますが、今日はダーティーハリーの日だ。 4月28日。 「死にやがれ」と読めるから。 痛快刑事モノなんてそれまではあまりなかった。 銃をバンバン撃ちまくる刑事なんてそうはいませんでした。 法を無視する悪党どもをマグ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ビバリーヒルズ・コップ
    2020/05/01 14:57
    ビバリーヒルズ・コップ

     痛快アクションと言ったら薄っぺら過ぎるか。華麗に泳ぎ回る様は喝采ものだった。 堅実な脇役が固め、よい出来の映画だった。 エディマーフィはそれからがパッとしなかった。 どうにもいい人をやろうとしてしまったのか面白い映画に出なくなった。  最近まですっかり

    capricornone

    シネマ総覧

  • シックスセンス
    2020/04/30 13:32
    シックスセンス

     ネタバレが困るが、子役が大いに注目された。 ハリウッドでも子役はほとんど大成しない。 今はどうしているのか。 層が厚いからそれこそどんな人材でも集めることができる。 日本のようにコネだのザイだの事務所だのは関係がない。 そうして逸材を見つけてきて、一瞬

    capricornone

    シネマ総覧

  • カサブランカ
    2020/04/27 13:51
    カサブランカ

     いつもハードボイルドにキメようとしてきた。 甘えの許されない境遇に自分を置くようにしてきた。 そうしていくうちに正直さを失った。泣くことを忘れた。 ヒネくれてニヒルな自分にが笑っていることに気が付いた。 鏡の向こうには口を歪めた男の姿があった。 そして

    capricornone

    シネマ総覧

  • 洋画『ザ・ウォッチャー』
    2020/04/26 18:33
    洋画『ザ・ウォッチャー』

    <<あらすじ>>キアヌ・リーヴスが連続殺人鬼に扮したサスペンス・スリラー。FBI捜査官のジョエル・キャンベル。彼はLAを逃げるように発ち、ここシカゴに移り住んでいた。LAでは孤独な女性ばかりを襲う殺人鬼グリフィンを追っていたが、自分に挑戦するかのように繰り返される予告殺人を阻止することができなかった。悪夢のような過去を忘れ、新たに平穏な生活を求めてシカゴにやって来たキャンベルだったが、そこで再び同...

    mana

    MANA’s シネマ雑記帳

  • カポテ、愛してやまないsacoyan
    2020/04/26 15:20
    カポテ、愛してやまないsacoyan

    sacoyanの前の名前が「カポテ」 rikurvv.hatenablog.com ニコニコとかはこの名前でカバーも出してて めちゃ好きなのがあった。 シューゲイザーの金字塔 しかもあのsometimesのカバー、 どんなのかと思って聞いてみたら www.nicovideo.jp 可愛くて、ぶっ飛んでてヤバかった 声も含めて良すぎるでしょ、 ”人知れず俺を無力にさせんな” この人がバンド編成で6月に東京に来てライブするとか! それまでにコロナぜったい排除する。 しかも会場は下北沢Three、最高かよまじで 元の音源 Sometimes My Bloody Valentine AppleMUSI…

    RikuRVV

    RikuRVVの日記

  • スティング
    2020/04/25 18:13
    スティング

     映画で使われたあまりにも有名な曲は「エンターテイメント」 洒落たピアノバーで黒人がピアノを弾いていて客もいない。 まだ時間が早かったんだろうか。 私はエンターテイメントをリクエストした。 うなづいて弾いてくれた男はとても渋く、弾いてくれた。 誰も客がい

    capricornone

    シネマ総覧

  • タイタニック
    2020/04/25 18:12
    タイタニック

     悪くない話だった。 非常時に結びついた二人。出遭うべくして出遭った運命。そしてその出遭いの時が別れの時になった。 不幸でもあるし、ある意味では幸福でもあるだろう。 それがよく表現されていた。 どんな風に出遭えるかなんて人は考えるものだが、どんな風に別れ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 惑星ソラリス
    2020/04/24 22:32
    惑星ソラリス

     この映画の中でのこのシーンは強烈で、合点がゆくところがある。 確かに我々はそういうことを考える。 親に勝手に捨てられたり、嫁さんが勝手に処分してしまったり、失われたものの言葉にできないほどの価値が実はたあいもないことであること。 だからこの台詞は特に心

    capricornone

    シネマ総覧

  • ゲッタウェィ
    2020/04/23 13:26
    ゲッタウェィ

     夫婦ものというのが一世を風靡したことがあった。 男女のパートナーシップというやつ。 ボニーとクライドなんかもそうだ。 男と女の間には友情は育たないという。 だがパートナーとなれば別だ。 夫婦など所詮は何かの共犯関係なのだ。 もし、妻を守ろうとするなら、

    capricornone

    シネマ総覧

  • 薔薇の名前
    2020/04/23 13:25
    薔薇の名前

     宗教には暗黒面があるとみなが思っている。 古くから信じられる宗教には隠されたものがあるとみなが思っている。 人を精神から支配しようとする宗教。 時にはパズルのように複雑に絡み合ったものが支配の力ともなる。 その支配の力故にそこに膝をつく者もいる。命を投

    capricornone

    シネマ総覧

  • ニーアオートマタのBGM
    2020/04/23 11:54
    ニーアオートマタのBGM

    柄にもなくゲーム音楽の話なんだけど、 ニーアオートマタのBGMがめっちゃ好き。 僕自身はそんなにゲームやらなくて、 友達の家に行った時プレイするみたいな その中でもニーアオートマタは世界観とか BGMがすっごい良くて、作業用とかたまに聞いてる NieR:Automata【ニーアオートマタ】作業用BGM 簡単なストーリーは 人間がいなくなった後の世界で、 まあロボットが戦うって感じなんだけど 二曲めとか特に好き、ゲーム で言うとレジスタンスキャンプのBGM コロナで世界が荒廃して ニーアオートマタみたいな世界観になったら 逆に住みたいね ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション…

    RikuRVV

    RikuRVVの日記

  • 洋画『アメイジング・スパイダーマン』
    2020/04/23 04:29
    洋画『アメイジング・スパイダーマン』

    << あらすじ >>サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演による実写版3部作が世界的に大ヒットしたマーヴェル・コミックスの人気キャラクターを、マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演で装いも新たに3Dで再映画化したアクション・アドベンチャー大作。幼いときに両親が失踪し、心に傷を抱えたまま伯父夫婦のもとで育った内気な高校生、ピーター・パーカー。彼は、NY市警警部を父に持つ同級生グウェン・...

    mana

    MANA’s シネマ雑記帳

  • ダイハード
    2020/04/21 21:45
    ダイハード

     クリスマスに起きる事件に主人公が立ち向かう。 片付けなければならない巻き込まれ型だ。 なかなか切り口の斬新なところがあった。 そして続編も、常にクリスマスということで事件が起きることになった。 この最初の作品で、金庫が空いた時、第九が流れるところはちょ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 猿の惑星
    2020/04/21 21:45
    猿の惑星

     金字塔の映画。それこそ続編も作られ、何度も昭和のテレビで流された。 それこそ猿の惑星なんて、飽きるぐらいだったが、それほど古い映画とも思えず、新鮮なものが常にあった。 平成になった頃、そんな映画などすっかり忘れていたのだが、叔父と会った。 なんというこ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 心の落ち着くナンバー3
    2020/04/16 16:08
    心の落ち着くナンバー3

    僕の心を整える曲の紹介記事です 1、2回はこちらから rikurvv.hatenablog.com rikurvv.hatenablog.com The Neighbourhood この人の映像は全部モノクロの作品になってて 純粋にかっこいい www.youtube.com 最初のドラムとかで掴めると、お?ってなるし 普通に曲が好き 他はダークな曲が多いイメージで 当たり外れがあんのかなぁー もう一曲! Clairo Clairo - Bags 声と曲の雰囲気で落ち着く VoをLRで分けてるから独特のリバーブ感で 聞いてて飽きない でも僕は他の曲はあまり好きになれなかったかなぁ いろんな人とコ…

    RikuRVV

    RikuRVVの日記

  • オリエント急行殺人事件
    2020/04/16 12:04
    オリエント急行殺人事件

     圧倒的な存在感。 人々の個性が際立ち、列車の中という密室空間が深い人間の感情をうかがわせる。 サスペンスと人間ドラマ、人々の複雑な背景。見えないつながり、一人その謎解きに立ち向かうポアロ。 映画はクリスティそのものだ。 人はなんと業の深いものか。映画は

    capricornone

    シネマ総覧

  • 光の旅人 K-PAX
    2020/04/15 21:52
    光の旅人 K-PAX

     広い宇宙にはどんな生命がいるのか。 遥かな銀河は我々をどんな風に見ているのか。 手の届かない遠くに思いを馳せた子供時代、それは今も続いている。 この世界の悲惨やこの世界の美しさ、それを超越する存在を信じることは毎日を懸命に生きる我々を慈しむ心だ。誰かが

    capricornone

    シネマ総覧

  • スティル・クレイジー
    2020/04/15 21:52
    スティル・クレイジー

     みんな歳を取る。 昔の成功が忘れられない奴もいる。 もういっちょう、一花咲かせようぜ、なんて、今は死語か。 いつまでたっても大人になれないヤツもいる。 くたびれて、くすぶっているぐらいなら死んだ方がマシだ。 挫けず、ひるまず、前を向いて、挑戦する。 そ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ターミネーター
    2020/04/15 21:52
    ターミネーター

     最初はB級と思っていた映画だ。 実際に見てみると、その作りと展開には素晴らしいものがあった。複雑ではないし、ドンデン返しもないが、すべてがよく動いていた。 今でこそ陳腐化してしまったといえるぐらい、誰もが知っている映画だが、当時はそんな驚きがあった。 最

    capricornone

    シネマ総覧

カテゴリー一覧
商用