大河ドラマ・時代劇 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/20 14:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供おんな城主 直虎 第37話「武田が来たりて火を放つ」 〜三方ヶ原の戦い〜 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 若き日の徳川家康が無謀にも武田信玄に戦いを挑み、大敗北を喫したことで知られる「三方ヶ原の戦い」の回です。 元亀2年(1571年)、室町幕府15代将軍・足利義昭は織田信長討伐令を出し、これに応えるかたちで武田信玄は、徳川の領国である遠江国、三河国に侵攻する西上作戦を行います。信玄の西上を可能にしたのは、相模国の北条氏康が死んだことで再び北条氏と和睦して甲相同盟を結び、後顧の憂いが絶たれたこと...

2位
清水しゅーまいさん
  • 情報提供「直虎」三方ヶ原/織田→武田についた女城主! 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい清水しゅーまいさんのプロフィール
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第37回「武田が来たりて火を放つ」作:森下佳子【三方ヶ原の合戦】 時は元亀3(1572)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年38歳ぐらい。直虎(おとわ)は井伊家再興をあきらめ、井伊谷(いいのや)はすっかり近藤康用(やすもち/橋本じゅん)のものになってしまいました。おとわは龍雲丸(柳楽優弥)とともに農民生活です。 同年10月、武田の2万を超える大軍勢が動き出しました…! 駿河・信濃の二方面から

3位
dokiさん
  • 情報提供おんな城主直虎 高瀬の正体とは?第37話 高瀬が政次の恨みを晴らす? Dokidoki!ドラマ館dokiさんのプロフィール
  • おんな城主直虎第37話で、高瀬(高橋ひかるさん)の不審な動きがありました。高瀬とは一体何者なんでしょう。可愛いさの陰に隠れた正体は、空恐ろしい人物なのかもしれません。第37話で高瀬が登場する場面は5度ありました。近藤康用(橋本じゅんさん)を毒殺しようとする高瀬からは、とても直親(三浦春馬さん)の娘とは思えません。可愛い過ぎる高瀬が逆に怖い第37話で高瀬が最初に登場するのは、近藤の元で井伊家の人々が平和に暮らし
4位 sakoさん
  • 情報提供次回の直虎(38)に新しい風 北の大地にさむ一人sakoさんのプロフィール
  • 直虎の第38話の予告に噂通り菅田くん(虎松→直政)が!これが少し前に出た新しいポスター。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」@nhk_naotora #おんな城主直虎 新ポスターが完成しました!虎松(#菅田将暉)も初お披露目!制作を担当したのは、これまでのポスターと同様にアートディレクタ−・古屋遙さんです。#NHK #大河ドラマ #柴咲コウ詳細はこちらへ??https://t.co/QKbpnmRfrl2017年09月15日 10:05凛々しい!やはり赤が似合う。赤
5位 YURURINさん
6位 ショコラ425さん
7位 むぎ丸さん
  • 情報提供おんな城主直虎 37話 方久、婿入りをする。 現実逃避で映画とドラマの世界に浸るむぎ丸さんのプロフィール
  • 直之と高瀬は近藤に仕えた。笑顔が可愛い直之。少しずつ気持ちを切り替えていったんだねきっと。私も気持ちを切り替えねば←方久は薬の行商を始めていた。みんな新たな道を歩み始めていた。え!?方久が新野家の婿に!?あやめ殿からは方久の好きな香りがする・・。お金?堺で仕事をするから、供に堺に行こうと。でもおとわは井伊を出ていくことができない。負い目を感じてるおとわ。井伊や気賀の事を忘れてはいない政次の事、忘れ
8位 くうさん
9位 彰篠宮さん
10位 ショコラ425さん
  • 情報提供【ごめん、愛してる】最終回(第10話)感想と視聴率 ショコラの日記帳・別館ショコラ425さんのプロフィール
  • 「最終回!出逢えて良かった…生まれてきて良かった」最終回(第10話)の視聴率は、12.8%(関東)♪ 最高視聴率で、有終の美を飾りました♪(^^)全話平均は、9.72%。 残念ながら、10%に届きませんでした(汗)この看板枠としては、ちょっと物足りない数字でしょう(^^;) 前作「小さな巨人」は平均13.51%、前々作「A LIFE」平均14.52%で、この枠が10%を下回るのは、2016年1〜3月期の「家族ノカタチ」(平均8.98%)以来です
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 くうさん
  • 情報提供NHK朝ドラ【ひよっこ】第146回(第25週火曜日) 感想 ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
  • 世津子(菅野美穂)はみね子(有村架純)に、実(沢村一樹)と一緒に暮らしていた時間は、自分の中だけにしまっておきたいと、正直な気持ちを伝える。それを聞いたみね子は、複雑な心境になる。谷田部家では、実が花の栽培について熱心に勉強していた。美代子(木村佳乃)をそばに呼ぶと「東京での出来事を話しておきたい」と言う。しかし「女心がわかってない」と、美代子は口をとがらせる。(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用
12位 文也さん
13位 sakoさん
  • 情報提供城主直虎 第37話 武田が来たりて火を放つ 北の大地にさむ一人sakoさんのプロフィール
  • 第36話「井伊家最後の日」のおさらい。直虎は井伊家を畳み、龍雲丸と暮らすことに。そして、第37話「武田が来たりて火を放つ」美し過ぎて浮く農婦とわ(直虎)。これまた農村の暮らしが似合わない龍雲丸。堺の町で商いするために二人で旅立つか。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ3,240円Amazonその矢先、真っ赤な武田が立ち上がる。すごい勢いで武田に攻め込まれる徳川領内。勝ち目もない戦をする気満々の近藤
14位 清水しゅーまいさん
  • 情報提供【猫】先生が病気になった…復帰未定 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい清水しゅーまいさんのプロフィール
  •  医者の不養生…なんてぇ言葉がありますが…。この夏、動物病院に行った時の写真です。ドラがおしりにワクチンを打ってもらっています。猫が気づかないうちにサッと注射してくれるんですよ。 ニャープル(Nya〜puru)は爪を切ってもらいました。手際よく手足の爪を処理してくれます。 別の日に姉猫タンタンを連れていったところ、病院に貼り紙が…都合によりしばらく休診します、再開は未定です…とかって。ここの先生は休日無しで
15位 文也さん
16位 dokiさん
  • 情報提供おんな城主直虎第37話感想 直虎がキレイになったのは龍雲丸のせい? Dokidoki!ドラマ館dokiさんのプロフィール
  • おんな城主直虎の第37話の感想ですが、直虎(柴咲コウさん)が還俗して農婦になったかと思えば、あっと言う間に龍雲丸と一緒になりました。それから直虎が綺麗になっているのですが、それは龍雲丸のせいかもしれません。城主としての重荷から解放されて気が楽になった直虎は、龍雲丸との暮らしに安堵したからででしょう。どんどん女性に磨きがかかっているようです。あなたは、第37話のおとわ(直虎)にどんな印象を持ちましたか?直虎
17位 真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回さん
  • 情報提供ごめん、愛してる(リメイク) ネタバレ・あらすじ 9話(後半) 真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回まで真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回さんのプロフィール
  • ごめん、愛してる(リメイク) ネタバレ 9話(前半)の続き。ごめん、愛してる(リメイク) ネタバレ・あらすじ 9話(後半)韓国 ごめん、愛してる ネタバレ・あらすじ 最終回(16話)はコチラ麗子が病院へ来て、サトルに、心臓のドナーが見つかった事を話す。希望を持つサトル。この時、サトルは、病院内で先ほどリュウを見かけた事を麗子に話した。麗子はドナーが律である事をサトルに伏せたくて「あなたの見間違いよ。」
18位 aimiさん
19位 くうさん
  • 情報提供NHK朝ドラ【ひよっこ】第145回(第25週月曜日) 感想 ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
  • 早苗(シシド・カフカ)に連れられ、月時計にやって来たみね子(有村架純)たち。早苗は、「私の恋の話を聞いてほしい」と語り始める。それは、“永遠の25歳”にこだわるきっかけとなった、秘密の恋の話だった。そして、早苗から「悲しい出来事を乗り越えて」と背中を押された、みね子と世津子(菅野美穂)は、みね子の部屋で暮らすことに。実(沢村一樹)と過ごした時間について、世津子は正直な思いを打ち明ける。(上記あらすじ
20位 dokiさん
21位 くうさん
  • 情報提供【おんな城主 直虎】第37回「武田が来たりて火を放つ」 感想 ドラマ@見とり八段くうさんのプロフィール
  • 還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)とともに新しい生活を送っていた。また方久(ムロツヨシ)はあやめ(光浦靖子)の刺繍(しゅう)の腕に惚れこみ、ある提案をする。そんな折、堺で新たな商売を始めた中村屋から龍雲丸に誘いの便りが届く。龍雲丸は直虎に一緒に堺に行ってほしいと告げるが、時を同じくして武田の大軍が遠江への侵攻を始め、井伊谷は危機にさらされる。(あらすじは Y
22位 清水しゅーまいさん
  • 情報提供「直虎」倒産状態/長篠の年、氏真も激動!大手柄 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい清水しゅーまいさんのプロフィール
  • 大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第36回「井伊家最後の日」作:森下佳子【御家消滅〜なんと帰農?!】 時は永禄12(1569)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年35歳ぐらい。徳川家では井伊の処遇を巡ってちょっとしたケンカに。瀬名姫(築山殿/菜々緒)が酒井忠次(みのすけ)と衝突。これは、後々の松平信康謀反騒動の布石かな…? 井伊家再興をテーマに直虎は迷いに迷っております。虎松(後の井伊直政/寺田心)の行き先や家臣団・一族郎党
23位 たいがさん
  • 情報提供 龍雲丸ファンクラブたいがさんのプロフィール
  • これは、堺にいくべきでしょう!かしら!堺は、生産だけでなく、輸入武器の集積場でもあった。明やヨーロッパから輸入される商品の多くが堺港に入ってくる。その中には世界で最新の武器も含まれている。つまり堺港を押さえることは、日本の軍需物資を押さえることになったのである。当時、日明貿易は、幕府や大名、大寺社などの後ろ盾があって、行われることが多かった。日明貿易は、海賊による襲撃などの危険も大きいため、大きな
24位 たいがさん
25位 むぎ丸さん
  • 情報提供共喰い(2013年) 現実逃避で映画とドラマの世界に浸るむぎ丸さんのプロフィール
  • 【評価】★☆☆☆☆■あらすじ■昭和63年。高校生の遠馬(菅田将暉)は、父(光石研)と父の愛人・琴子(篠原友希子)と暮らしている。実の母・仁子(田中裕子)は家を出て、近くで魚屋を営んでいた。遠馬は父の暴力的な性交をしばしば目撃。自分が父の息子であり、血が流れていることに恐怖感を抱いていた。そんなある日、遠馬は幼なじみの千種(木下美咲)とのセックスで、バイオレンスな行為に及ぼうとしてしまい……。(Yahoo!
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 ショコラ425さん
  • 情報提供【愛してたって、秘密はある。】最終回(第10話)感想 ショコラの日記帳・別館ショコラ425さんのプロフィール
  • 「衝撃と涙の真実!! 黒幕は俺!?」最終回(第10話)の視聴率は、10.1%(関東)。 初めて10%を超えて、最高視聴率で、有終の美を飾りました♪(^^)全話平均は8.60%でした。まさか黎(福士蒼汰)が二重人格で、自分が黒幕だったとは(汗)縄で繋がれた黎(れい)が通路を歩いていた時、朔(さく)になって匂いを嗅ぎ「バラの香りがする」で終了。この台詞、時々出てきましたが、薔薇の香りがすると人格が変わるのかな??それともただの朔の
27位 YURURINさん
28位 dokiさん
29位 太郎次郎さん
30位 たいがさん
  • 情報提供井伊家最後の日 龍雲丸ファンクラブたいがさんのプロフィール
  • 直虎は一家離散して虎松や皆を生かすことを選択しました。井伊再興を目指すのは、戦争に巻き込まれ討ち死にするのと同じことです。虎松の命さえ守りきれるかわかりません。直虎は責任を持って皆の安定した行く先を見つけました。実家に戻れたあやめさんの希望の嫁ぎ先も見つけてやりたいと思っています。周囲に対する責任感の強い直虎、でも直虎も幸せになってほしいものです。
31位 YURURINさん
  • 情報提供黒革の手帖#9最終話〜元子の逆転劇、でもまたどんでん返しが・・・ 大人のためのゆるりんLIFEYURURINさんのプロフィール
  • 武井咲さん演じる悪女「原口元子」が何かと注目を集めたドラマ「黒革の手帖」もついに最終話。今回もたっぷりと華麗なファッションをみせてくれました。ストーリーのほうも急展開でハラハラドキドキ。ここのところ痛めつけられていた元子さんですから、最終話では必ずや復活して高笑い・・・と期待しておりました。しかし、さすがにそれだけではすまなかったようです。<あらすじ★ネタバレ>自分のクラブ「カルネ」まで取り上げら
32位 かまくらみるくさん
  • 情報提供知的好奇心 かまくらみるくのブログかまくらみるくさんのプロフィール
  • 最近、知的好奇心をくすぐってくれる事柄に関係することができていて、 学生の頃に憧れていた世界に ほんの少しだけ、つま先程度ではありますが、足をつっこむことができ、 ものすごく久しぶりに何十年かぶりに新鮮な日々を送っています 社会人になってから、完璧に忘れていた大昔の自分を少しづつ思い出している、 そんな感じです ありがたいな〜
33位 お夕さん
34位 Harryさん
  • 情報提供No.612【夏草の賦】 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
  •  評価:70点/作者:司馬遼太郎/ジャンル:歴史小説/出版:1968年 『夏草の賦』は、1966年9月〜1967年5月にかけて、地方紙において、連載された、司馬遼太郎氏の歴史小説である。司馬氏は、本作を連載中に、『最後の将軍』『新史太閤記』『義経』『峠』などを並行して、連載するという、離れ業を成し遂げている。 本書は、僻遠の地である、土佐の一郡から身を起こし、一時は、四国一円を切り取った、戦国時代の英雄の一人、長
35位 Harryさん
更新時刻:17/09/20 14:30現在