大河ドラマ・時代劇 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/21 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
坂の上のヒゲおやじさん

2位
清水しゅーまいさん
  • 情報提供「西郷どん」寺田屋:大山と有馬の同年齢対決…! 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい清水しゅーまいさんのプロフィール
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第23回「寺田屋騒動」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【小松帯刀の地味な助言によって……】 時は文久2年(1862年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年36歳。「下関で待て」という国父(こくふ)・島津久光(青木崇高)からの命令をあえて聞かず、吉之助は上洛(正確には大坂へ)! 決起・倒幕しようとする過激志士達を制止するには、そうするしかないと判断したからです。しかし、案の定、久光は激怒…! 

3位
えりこさん
4位 坂の上のヒゲおやじさん
5位 葦尊彦さん
6位 ショコラ425さん
  • 情報提供大阪府北部で震度6弱!&朝ドラ中止&千葉県沖スロースリップ現象 ショコラの日記帳・別館ショコラ425さんのプロフィール
  • -<朝ドラ放送日程・後方に追記済>18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱、マグニチュード(M)6.1の大地震がありました。 気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約13キロ。 尚、地震発生直後は、気象庁より、M5.9、震源の深さは約10キロと発表されましたが、10時に上記の通り、訂正されました。震度6弱は、大阪北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市です。 気象庁は、今後、1週間程度は同じ規模の地震が起きる
7位 くうさん
8位 dokiさん
9位 くうさん
10位 葦尊彦さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 葦尊彦さん
12位 dokiさん
13位 ショコラ425さん
  • 情報提供ロシアW杯、日本、コロンビア初戦初勝利♪(^^) ショコラの日記帳・別館ショコラ425さんのプロフィール
  • ロシアW杯サッカー「日本×コロンビア」戦、「2−1」で日本が勝ちました♪(^^) 強豪コロンビアに、初戦で初勝利、良かったです♪(^^) 南米のチームに勝ったのも初めてだそうです(^^) 開始早々、前半3分、サンチェスがハンドで退場。コロンビアは10人になり、前半6分、香川選手がそのPKを確実に決めて、1点先制♪(^^)コロンビアが10人になったので、これは行けると思いましたが…その後、守りに入って苦戦。 前
14位 くうさん
15位 葦尊彦さん
16位 くうさん
17位 dokiさん
  • 情報提供西郷どんあらすじ,ネタバレ26話7/8 Dokidoki!ドラマ館dokiさんのプロフィール
  • 2018年7月8日に放送予定の「西郷どん」26話のあらすじネタバレです。 前回の25話は、嵐の中、吹きさらしの牢で風雨にさらされた吉之助は、死の淵をさまよっていました。 土持政照の屋敷に運び込まれた吉之助は一命を取りとめ・・・
18位 Ryo56さん
19位 真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回さん
  • 情報提供映画 愛情は深い海の如く ネタバレ・あらすじ・感想 真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回まで真田丸 ネタバレ・あらすじ・キャスト 最終回さんのプロフィール
  • 洋画のご紹介です(°∀°)b映画 愛情は深い海の如く ネタバレ・あらすじ・感想映画 愛情は深い海の如く 概要監督:テレンス・デイヴィス2011年制作のアメリカ映画。1955年にヴィヴィアン・リー主演で映画化もされた同名舞台劇が原作。映画 愛情は深い海の如く ネタバレ・あらすじヘスターは、第二次世界大戦後のロンドンで、親子ほど歳の離れた判事の夫と裕福に暮らしていた美貌の妻。夫は優しいが、年のせいか夫婦生活には
20位 えりこさん
  • 情報提供『西郷どん』第22回感想 偉大な兄、地ごろな弟 牛のさんぽみちえりこさんのプロフィール
  • ついに大島から薩摩に帰還した吉之助。その空白期間3年の間に桜田門外の変が起こり、イケイケモードだった幕府の権威も失墜してしまったようです。この時期の将軍は家茂さんだと思うのですが、和宮とも仲良くやってた頃ですかね。ただ、体が丈夫じゃなくてとても混乱期を支えられるような能力を発揮することができなかったはず。気の毒な将軍なんですよね、家茂さんて…。吉之助は「大島三右衛門」と名前を変えて再始動。”大島に3
21位 清水しゅーまいさん
  • 情報提供【猫】母を偲ぶ 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい清水しゅーまいさんのプロフィール
  •  母・典子が60歳で亡くなってからまもなく3年が経ちます。命日を前にしてドラ(雄7才)が祭壇に登り母を偲んでおります。。。 ドラは1才の頃から典子に育てられ3年間をともに暮らしました。幸せな日々でした。 ドラ「ぼくもタンタンもニャープルも  清水家の人々もみんな元気だよ。安心しておくれ」 ドラの心のどこかに母・典子は今も生き続けています。猫との一時(ひととき)を、一瞬一瞬を大切にいとおしみましょう(^ ^)
22位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供幕末京都逍遥 その75 「吉田屋跡(立命館草創の地)」 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • かつて「三本木」という花街にあった料亭「吉田屋」跡を訪れました。幕末、吉田屋は尊攘派の志士たちの密会の場として頻繁に利用されており、桂小五郎(木戸孝允)の愛妾だった芸姑・幾松が芸妓時代を過ごしていたのもこの吉田屋だったといいます。新選組に追われていた桂を幾松が匿ったという有名なエピソードも、ここ吉田屋が舞台だったといわれています。</o:...
更新時刻:18/06/21 20:30現在